IMG_20190616_150802

SIMGOT JAPANよりレビュー用機の提供を受けました。標準価格が約¥13,000ですね。(amazonから出品者SIMGOTで購入できます)

約1ヶ月くらい使ってのレビューになります。

音質以外について
EM2はダイナミックドライバー1基・BAドライバー1基のハイブリッド構成ドライバーになっています。
ケーブルはとてもしなやかで取り回し良好、耳かけ部位には癖付けされていています。
ハウジングのフィット感ですが悪くはないがすごく良いという感じでした。フィット感は個人差が大きい部分だと思うので参考までにしていただけたらと。

音質について
イヤーピースが中高域タイプと低域タイプの2種類が同梱されています、私は中高域タイプのイヤピ(Lサイズ)を使っています。
ざっくりとした印象はハイブリらしいけどBAが主役のような音であっさりめなややモニターっぽい音。ボーカルメインで聴きたい人に向いてる音かな。
ハイブリとしてはそこまでドンシャリではなく人によってはカマボコバランスと感じるかもしれないです。
高域はそこまで苦しい感じはなく¥13,000のイヤホンとしてはなかなか良い質感だなと思います。キツイ・耳障りな高域は鳴らさずサラサラとした聴き心地のよい音です、柔らかいけどキリっとしているのが特徴的だと感じました。
中域は主張が強そうでそこまで強すぎない、主張はするが高域同様キツさを感じさせない音になってます。モニターっぽいややドライな音ですね。ハキハキした音で勢いのある音楽を聴くと気持ちいいです。
低域はかなり大人しめな印象。フラットめなモニターイヤホンらしい低域と言えるかな。
音楽を楽しく聴かせるような味付けの濃い低域ではなくモニター的に必要十分な低域をならすような感じ。

全体的に重たい音ではないのでボーカルメインで聴かせるような曲に向いているイヤホンかなと思います、具体的には電子音がメインサウンドのアニソン系。あとはモニター的な感触の音が好きな人が気に入りそうですね。低域にこだわりすぎなければ楽器系もなかなか良い鳴り方してくれます。
ハードロックや深い低域で魅せるようなエレクトロ・テクノ系楽曲は物足りないと感じてしまいますね。
まだエージングで変わる余地はありますがそこまで低域が強いイヤホンにはならないかなという見込みです、中高域で魅了してくれるようなイヤホンだと思います。

似合う似合わないジャンルは多少あるものの価格から考えたらなかなか良い完成度です。音以外でもハウジングやケーブルの造形美も含めて価格に充分見合ったイヤホンです。