IMG_20190324_105054

klipsch Reference R6i Ⅱ
ダイナミックドライバー1基搭載のイヤホン
こちらは前モデルから本体カラーとケーブルが変更された後継機になります。前モデル使ってたことがあるのですが音のほうも変わっているように感じます。

代理店公式ストア(https://www.klipsch.jp/Standard-Earphone/ReferenceR6ill.html)で税別¥12,800となります。また今回はリモコンマイクつきのモデルを紹介してますがリモコンマイクなしのモデルもあります。(税別¥9,800)

普段はDAPのFIIO M9に繋いで聴くことが多いのですが、FIIOのDAPはイヤホンのリモコン機能がフル活用できます。M9で再生・停止・曲送り・曲戻し・ボリュームの上げ下げができました。

このReference R6i Ⅱそんなに鳴らしてはいないですがわりと早くエージング効果が出やすいです。
50時間くらい鳴らせば安定してきた印象。

音の印象
久しぶりにklipschのイヤホンを使うのですが相変わらず安定のklipschサウンド、最近のイヤホンはハイレゾを意識しての音作りでワイドレンジ感のある音が多い印象ですがklipschのイヤホンはそういった傾向とは違う感触ですね。
パッと聴いて思うのが音のコシの強さ、無理にワイドレンジな音を出そうとしない分音の安定感がすごく良い。
バランスは中低域寄りながら高域が苦しかったり潰れたような感じがない。ウォーム傾向でややドライ、それでいて自然な聴き心地。高域が大人しい影響から聴き疲れしない優しい音。
中低域の鳴らし方が特に面白くて弾力がありつつキレのよい音、ロックを聴くとドラムの聴き
分けがとてもしやすいしギターとベースが自然に分離している。
最近はモニター気質な音をよく聴いていたのですがReference R6i Ⅱでいろいろ聴いていると低音が轟く鳴りでおもしろい。轟くような感触で鳴っているのに適度に締まっているのは流石klipsch。
優しい聴き心地なのにロックはゴリゴリでワクワクするような鳴り方なのが癖になってしまう。

つい最近配信開始になったSCANDALの新曲マスターピースの聴き心地は相性抜群!

優しさと力強さ、そしてワクワクするような音が欲しい人に向いているイヤホンでしょう。
数年ぶりにklipschのイヤホンを使って感動してしまったせいで昨日X12iをお迎えしてしまいした…
X12iもある程度鳴らしたらレビュー記事上げると思いますがklipschサウンドは本当に揺るがないなと感じてます。