こんちゃ、今回は私が最近手にした一推しのモニターヘッドホンをレビューします。


IMG_20180610_065032

YAMAHA HPH-MT8
YAMAHAの最新・フラグシップモニターヘッドホンです。
2016年11月頃の販売開始 標準価格は約¥27,000

・音質以外について
まずは付属品、MT8本体・3mストレートケーブル・1.2mカールケーブル・6.3mm変換プラグ・ポーチとなってます
IMG_20180610_072614 IMG_20180610_072455 IMG_20180610_072435

ケーブル着脱部は回転ロック式となってます。私はストレートケーブルのみ使用してますが太くしなやかで扱いやすく感じてます。癖はつきにくいでしょう。
重量は350gほどありますが装着感がとてもいいのでそこまで苦にならないです。
オーバーイヤータイプでパッドは合皮で厚みがあり柔らかく耳に快適にフィットします。
ハウジングは樹脂ですが実際に触るとあまり樹脂っぽさがなく渋い仕上がりになってます。アーム部分は金属です。
ハウジング・イヤーカップがヘッドバンドに対してすこし斜めになっておりこの形状のおかげで自然な装着感となってます。
イヤーカップは上下左右に可動してバッチリフィットします。また片耳モニタリングも可能です。
音質以外の面で特筆すべきは長時間の装着でも痛みがないこと、眼鏡をかけた状態でも3時間連続で装着していてもまるで痛みを感じない。適度な側圧があり軽く頭を振っても落ちないです。
ヘッドホンに付き物の可動部の軋み音がMT8では全くしないのは地味に素晴らしいところ。
モニターヘッドホンなのでプロの方が長時間の作業でも快適に使えるようになっているように感じます。
先にも述べましたがデザインがあまりモニターヘッドホンっぽくない佇まいで絶妙な渋さを感じさせます。モニターヘッドホンといえど持つ喜びがあるのは良いですね。

・音質について
ある意味モニターヘッドホンらしからぬモニターサウンド
モニターヘッドホンはそんなに使った経験がない身ですがいままで聴いてきたモニターヘッドホンより空間をしっかり感じられるところがMT8に対して真っ先に思ったこと。
モニターヘッドホンは密閉感が強く音が真っすぐダイレクトに聴こえるものが多いのですがMT8は音が遠くから聴こえてくる感じがある。それでいて解像度・分解能が凄まじい。
バランスはまさに極フラットで突出した音が一切ない。モニターヘッドホンによっては音のバランスに癖を強く感じるものがあるがMT8は音のバランスで癖を感じないですね。
音の感触としてはあまりにも個性がないのでこうだと言い難いのですがあえて言うのならYAMAHAらしい生真面目な原音に忠実な音。容赦ないほどに素直な原音忠実な音で飾り気がなくまるで楽しくない。
当たり前ですがモニターヘッドホンなので音楽を楽しく聴くための音ではないです、しかし楽しくはないですが耳当たりの心地よい素直な音で気持ちよく音が聴ける。こういうところにも長時間の作業でも苦にならない快適に使える要素を感じます。
音の各帯域について、高域は鋭くはないが刺さるべき音はきちんと刺さります。物凄く伸びることはないが天井・壁を感じさせない伸びやかさはあります。硬さはそんなに感じなくしなやかに感じます。
硬くはないといいつつピアノの高い音は硬さを感じさせつつも余韻がしっかりしていて、生々しい響きがちゃんと再生できている。
中域は実に素直、ボーカルは抑揚がしっかり感じられ曲によっては唾の音さえもはっきりわかるほど。
温かい・冷たいわけでもなくそのまま人の声を再生している。ボーカルの聴き心地に特筆すべきことがないくらいに原音忠実です。
個人的に一番グッときたところはエレキギターのエッジ感がすごくハッキリしているところ。語彙力のない表現ですがエレキギターがメチャクチャカッコいいんですw エレキギターってこんなに情報量多かったの!?って感じさせてくれます。あのギュイーンとした響きもバッチリ。
低域はそんなに量は多くはないですがやはり解像度が凄まじい。低域同士が重なってダマになりがちなところもハッキリと音階がわかる。全帯域に言えることでもあるんですが音がよく見える、特に低域ではよりそう感じました。低域の動きがすごくよく見える、どこまで深く沈み、広がっているかがわかる。リスニング系のイヤホン・ヘッドホンがいかに楽しく聴かせるために盛った音かがわかるほどにMT8の低音は大人しく、そしてその真の姿を見せてくれる。

DAP直刺し、ウォークマンA40でもイヤホンを使うくらいのボリュームでも充分な音が鳴りますがやはり据え置きアンプを使うと音の密度・底力がグッと上がります。

総じてモニターヘッドホンとしては絶賛、定番モニターヘッドホンの座につけるくらいの実力はあるんじゃないかと思わせてくれます。
私は一人の音楽リスナーですがこのHPH-MT8のレビューは他所でも上がっていて特にガチな音楽業界のプロの方たちのレビューは実用性について深く言及していてモニタースピーカーを使わなくてもMT8だけでも作業を完結できるんじゃないかという言葉もあります。YAMAHAのHPH-MT8の公式サイトページにプロの方々のレビューがいくつが掲載されているので参考にしてみるといいでしょう。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/headphone/hphmt/tab1.jsp

最後に私的にMT8の良さがわかりやすい曲を1つ紹介

 
EDMアーティストのポーター・ロビンソンという方の別枠プロジェクトVirtual SelfからGhost Voices
現代のトランスとも言うべき曲でEDM系の曲とは違いより緻密な音で彩られた曲。
ノリノリで楽しく聴くというよりはモニターイヤホン・ヘッドホンで陶酔したくなるような曲なのでMT8で聴くと凄まじい解像度と芸術性を味わえます。またMT8の低音の動きがよく見えるという特性がよりわかりやすく感じられます。
この曲は現在音楽配信サイトからのDL配信のみのリリースとなっています。